2019年04月29日

的外れなんて、ございません

こんにちは、kekkeパン教室♪です。
連休、どうお過ごしですか?

生徒様の中には、
孫が帰省したらパン焼いて食べてもらう…
とか
休みになるから、焼いてみまーす
とか。

10日もあれば、毎日毎日は出かけられないので、ご自宅にいらっしゃる日をパン焼きdayにされる方も。

私は、昨日みなと祭りに行く前の9時過ぎにパンを捏ねておきました。

75868168-EFC1-4038-9AB0-2CC4DC477189.jpg

春よこい
ドルチェ
ゲランドの塩
種子島の三温糖
四つ葉バター
有機レーズン
ホシノ天然酵母

帰宅してから成形・焼成。
結局、焼き上がりは寝る直前の11時過ぎ。

4CCAFBAF-98ED-4C3D-A390-54D0C76C3163.jpg

レーズン食パンは、トーストしてバターを塗る食べ方が大好き(^ ^)です。


これは、いつもと材料が全く違います。

イーストで作るときとの水分量も変わります。
もちろん、天然酵母だから時間は長時間…。


大変楽しんでパン作りをされていらっしゃる方から、いろんな疑問?をメールで質問してくださいます。

教室で作ったパンとご自宅で作られたパンの様子が違う。

お伺いしたら、粉が違う。

すると、
水分量はもちろんのこと、
粉の特徴が違うので、同じように作ってみても膨らみ方が違ってきます。

捏ねていても、粉によっては膜が弱く触り心地が違うのでびっくりする事もあるかと思います。


パンって、材料が違えば
様子が変わってきます。

もちろん、似たような性質を持った粉もありますけどね。
だから、粉も何を使っているのかをレッスン内でお話しするのです。


メールで返信しましたら、
的外れな質問でした…

と、言われましたが
かなり大事なこと。

粉が違うと仕上がりが変わるって、すぐには思いませんし、手触りや食感まで考えませんからね(^^)

とてもいい疑問だったと思いました。


まず、心配ならレッスンで使っている粉で復習をオススメします。
だから、材料をお分けしたり、売っている場所もお伝えしているのです(^ ^)


では、皆さまよい連休をお過ごし下さいね。


posted by けっけ at 13:25| Comment(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: